乳がんの早期発見と治療について

乳がんの検査方法や種類を学ぼう

早期の発見と治療で治癒が期待出来る

早期の発見と治療で治癒が期待出来る

日本人の死因ワースト一位はがんですが、かつてに比べると検診や治療方法が進化を遂げているのは確かです。進行をしていても助かるケースもありますし、抗がん剤の副作用対策が進んでいるのも事実です。数あるがんの中でも、自ら発見が出来るがんが乳がんだと言われています。入浴の際にしこりに気付くケースもありますし、旦那さんやパートナーから異変を指摘されることもあります。乳がんは危険な病気であることは確かですが、早期の発見と治療で必ず治ると言われています。二年に一度は専門機関で検診を受けることが重要ですし、そうすることで命を守ることが出来るのではないでしょうか。

痛みも苦痛もない検査方法に関して

仙台市内にはたくさんのレディースクリニックがありますが、どこも高いレベルと技術を誇っています。以前の乳がん検診のイメージと言えば、痛みと苦痛を味わう印象ではないでしょうか。しかし、近年のマンモグラフィーは大きく変わっています。乳房を挟んでも痛みを感じることが少ないですし、検査の時間も短縮されています。CTやMRIを併用することで、検査の制度も格段に上がっています。初期段階で見付かるケースも増えていますし、県全体の高い生存率に繋がっているようです。仙台市のがん対策は、全国の自治体でもトップクラスだと言われています。自治体から配布される無料検診クーポンを活用するのも有効ですし、定期的な検診を受けることが、自身と家族を守る術ではないでしょうか。

乳がん手術の種類と予後に関して

万が一乳がんと診断された場合、やはり一番の選択肢は手術になります。病巣を全て取り除くには手術がベストですし、それに加えて必要であれば抗がん剤治療と放射線治療が行われることになります。気になるのが乳房の温存ですが、温存療法と再建手術を検討しておくべきです。女性の象徴である乳房を残したい気持ちは分かりますが、僅かながん細胞から再発することがあります。リスクを限りなくゼロにするためにも、専門医の判断に従うことをお勧めします。一般的ながんと違って、乳がんのフォローアップ期間は十年を超えると言われています。再発や転移の有無を検査する必要がありますし、三ヶ月に一度は通院をすることが大切です。仙台市外からも多くの患者さんが訪れていますし、同じような症状の方と話せる患者会も設立されています。がんイコール死と言われていた時代は終わっていますし、前向きに治療に取り組むことで、明るい未来が開けて来るのではないでしょうか。

人気記事ランキング