食生活の変化で乳がんになる?

乳がん検診を受けてみましょう

仙台で乳がん検診を受けるならマンモからエコーまで

日本人の食生活の変化が増やしたと思われる病

かつて日本の食卓には、大豆を使った料理が常になにかしら並んでいました。お味噌汁に納豆、豆腐に煮豆といった具合で、大豆は畑のお肉と言われるほど、日本人の体質に合った良質のたんぱく質の摂取源となります。それが、だんだんと食の欧米化が進み、牛肉を食べ、脂肪分の多い食品を頻繁に摂取するようになりました。ジャンクフードと呼ばれるファストフードは、それ自体が悪いものではありませんが、そればかり食べていると栄養価が偏り、脂肪分が多すぎて日本人の体質には合いません。その結果、かつては罹患する人が少なかった大腸がんや乳がんを発症する人が増えてきたという、懸念すべき事態に陥っています。特に乳がんを患う女性が多くなり、しかも発症の低年齢化も目立ちます。

20代からでも検診を受ける習慣をつけよう

一般的に乳がん検診は40代になってからと言われていますが、昨今は20代でも発症する人が増えてきており、30代になるとかなり進行してしまうケースもあることから、20代でも乳腺外科を受診し、乳がん検診を受けておくと安心です。20代、30代はまだ乳腺の働きが活発なため、乳房をはさんで撮影するマンモグラフィー検査よりも、エコー検査が向いていると言われます。仙台で受けるという人であれば、仙台で乳がん検診に長けたクリニックを探すといいでしょう。エコー検査は乳房にゼリーを塗り、超音波の機械を滑らせながら乳房の画像を見ていく検査方法ですので、痛みはありません。むしろくすぐったくて大変かもしれませんが、時間もそれほどかからないことから、1年に1度受けておくと安心です。

30代後半に差し掛かったら、エコー検査に加えてマンモグラフィー検査も取り入れると、より安心です。乳房をはさんで撮影するレントゲン検査ですので、ちょっと痛いのが難点ではありますが、一瞬の痛みを我慢するくらい、女性の多くが耐えられるはずです。ただ、一瞬と言っても片方の乳房で2度、合計4度はさんでの撮影になりますので、初めての時はちょっと緊張するかもしれません。思っていたよりも痛くなかったという人がいる一方、痛くて大変という人もいます。

同じクリニックで継続して検診を

マンモグラフィー検査は痛くて閉口するという女性は多いものの、受けていくうちにだんだんと慣れてきます。乳がんは早期発見できれば完治する割合が非常に高いがんですので、自分の身を守るため、そして自分のことを大切に思ってくれる人のためと思って、年に一度の検査を早めにスタートさせることが大事です。大都市仙台でなら、毎年同じクリニックで検診を受けることで、継続して状態を見守ってもらうことができます。継続すれば異変を見つけやすいことから、安心してかかれるクリニックを仙台で見つけることも重要です。

人気記事ランキング